左官業の伝統は、新建材に❗️️変わって行く⁉️ - 川村工業丨直用職人が全国出張する左官・土間工事会社

左官業の伝統は、新建材に❗️️変わって行く⁉️

左官業界・左官屋・左官職人と構成

されての一つの専門施工業になっている

のだろうけど。もっと大きな視点で

考えると建設業の一つのジャンルに

しか過ぎない❗️️🥸🥸🥸

近年は、現役の左官職人も引退も

増えて、更に技術継承も遅れ❗️️😩

更には、左官業に入りたがる人も

少ない⁉️🧐🧐🧐

一概には、言えないか⁉️近年は、

助っ人外国人による補強する会社も

増えたから❗️️😎😎😎

しかし日本の、若者に支持されにくい

建設業全般❗️️😭😭😭😭😭

肉体労働だからか⁉️😩😩😩

左官職人になるのは、一般的に時間が

掛かり、その知識や経験を増やすには

どうやっても時間を要する❗️️

よって、稼げる様になるのも時間が

掛かるかと⁉️しかしながら近年は、

情報などが、カンタンに手に入る❣️

スピード感の無い業界❗️️

直ぐに中々に稼げる様にならない❗️️

尚且つの、肉体労働❗️️

そんな左官屋だと長続きもせず❗️️

見向きもされなく、やりたがる人は

居なくなるのか⁉️😫😫😫😫😫

そんな状況下だと現在、現役の左官職人

の価値は、鰻登りに上がっているのか⁉️

どうなんでしょう⁉️🧐🧐🧐

左官職人が、少なくなるならば…

施工方法などの見直し❗️️左官仕事が

高騰するならば、伝統も変えられて

しまう⁉️

高齢者ばかりの左官屋だと生産性が

悪くなりコストが高くなってしまう⁉️

結局の所は、コストが、金を払う人に

とっては、重要な事なのは、当たり前

の事❗️️左官仕事は、手作業が主体

だから他の仕上げ材を扱う仕事よりも

労務費は、掛かる仕事かと⁉️

左官材料なども安くは無いかと❗️️

しかしながら同じ仕上げ材でも

タイルや石なども高額建材かとは

思うが❗️️しかしながら…

新しい近代建築は、施工主の懐事情に

よっても仕上げの使用は、変わると

思いますが❗️️

昔ながらの伝統的な左官仕事で建築

されて、塗られた仕上げも…

近年の改修方法では、漆喰調の塗料に

移り変わっている現実❗️️😭😭😭

コスト高に、なりつつある

左官業の、左官屋の左官仕事も

先々は、新建材によって、ドンドンと

変わって行くのか⁉️

左官職人も材料ばかりが、進化している

様では、駄目かも❗️️

コレからは、左官職人も進化を

問われる⁉️左官専門建材メーカーも

変革しないと危うい⁉️

左官建材は、根本的には、SDGsや

サステナブル建築とは、かなり対局❗️️

コレからは、塗料メーカーなどの

新建材にも左官職人は、着目か⁉️

    LINEでお問い合わせ

    お問い合わせフォーム

    お名前
    会社名
    メールアドレス
    電話番号
    ご質問など